読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろぽんのマンネリライフ

アニメと映画と小説。ときどき私事。

記事を書いてたら、IEを開きなおしますと表示され書いてた記事が消えた話

  

f:id:how-to:20170413141358j:plain

 

こんにちは!

 

今回は別の記事を書いていたのですが、そろそろ終わりそうだし下書き保存しようかなと思った時に急にインターネットを開きなおしますと表示が出て記事が全部消えてしまった。

怒りを通り越して、なぜか前向きにこのタイトルの記事を悶々と書いている。

{記事を書いてたら、IEを開きなおしますと表示され書いてた記事が消えた話}

まるでラノベみたいなタイトルではないかと我ながら思う。

これは落ちこぼれな主人公だが、主人公スキルで何とか活路を見つけ出す物語。

 

第一話 憤怒

主人公の前に敵が現れた。必殺奥義(アルティメット バーストストリーム)を放つが最後の一撃と言うところで逃げられてしまった。

ここまでの死闘の末逃げられ、憤りを隠せない。

 

第二話 賢者タイム

 

悶々とした感情のまま新たな敵と戦っている。戦えた先には達成感があるのではないかと思っていたがそれは履き違えた考え方だ。

むしろ残酷にも賢者タイムが待ち構えていた。なにやってんだろ俺、はあーと大きなため息とともになにかもなくなってしまった気がした。

 

第三話 終焉

 

賢者タイムが過ぎ去ると新しい熱が生まれてくる。否定的な感情から肯定的な感情と生まれ変わるのだ。

まるで量産化された女子大学生が黒外ショートの乙女に生まれ変わるくらい見違えるのだ。そうIEが悪いわけではない、自分が変われば良かったのだ。黒髪の乙女に生まれ変われば世界も変りぐるぐる回るのだ。

 

まだまだ歩ける。そして、夜は短い。 みんな、夜は短し歩けよ乙女観ようぜ☆

 

 

 

 

 

ongaku10.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする